メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

群馬)前橋育英4強入りならず 秋季関東高校野球大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月23日03時00分

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)は22日、甲府市の山日YBS球場で1回戦2試合と、準々決勝1試合が行われた。準々決勝で前橋育英(群馬1位)は1―9で山梨学院(山梨2位)にコールド負けし、来春の選抜大会出場が有力になる4強入りを果たせなかった。前日の桐生第一に続き、群馬県勢は姿を消した。

 守備から攻撃へと流れをつくる前橋育英の本来の形に持ち込めなかった。

 3点をリードされて迎えた四回裏。先発した梶塚彪雅(ひょうが)(2年)はこの回先頭から連続二塁打を打たれて1点を追加された。なんとか1死を取ったところで、相手の4番打者を迎えた。「もう点はやれない」。だが初球、外角を狙った直球が甘く入った。打球はぐんぐん伸び、あっという間に右中間席へ消えた。手痛い2点本塁打を浴びた。

 1回戦で千葉1位の強豪、中央学院を破った相手打線の勢いにのまれた梶塚は、この回3失点で降板。初戦の作新学院(栃木2位)戦で1点のリードを最後まで守り抜き、持ち前の打たせて取る投球で完封した姿はそこになかった。

 中1日空いたこの試合。初回から制球が安定せずに苦しんだ。ボール先行で、ストライクを取りにいった変化球や外角の直球を次々と外野に運ばれた。「ずるずると点を取られてしまった。背番号1を背負わせてもらっているのに、抑えられなかった。自分が情けない」と目を腫らした。

 七回表、最後の打者になった主将の丸山大河(2年)は「中盤以降、焦りがあり、ミスも多く出てしまって投手を援護できなかった。この関東大会で打撃の力不足を痛感した。夏に向けて体を鍛え直したい」と声を絞り出した。(森岡航平)