メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨)山梨学院、初戦に快勝 秋季関東高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月21日03時00分

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催)が20日、甲府市の山日YBS球場で開幕し、1回戦2試合があった。山梨学院(山梨2位)が中央学院(千葉1位)に快勝し、準々決勝へ進出。22日午後2時から同球場で、前橋育英(群馬1位)と4強入りをかけて対戦する。

 ■流れ決めた初本塁打 山梨学院・小吹悠人選手

 五回に1点を返され、山梨学院のリードは2点に縮まる。迎えた六回の攻撃。2死走者なしで打席に立った小吹悠人(1年)は、「積極的に振る」と自らに言い聞かせた。4球目、内角高めの直球を引っ張ると左越え本塁打に。高校で初めての一発は貴重な追加点となり、試合の流れを決めた。

 意識する選手がいる。夏の甲子園でも正捕手を務めた栗田勇雅(1年)だ。福島県の硬式野球チームでバッテリーを組み、ともに山梨学院に進んだ。

 夏の山梨大会では堅実な守備をかわれ、ベンチ入り。しかし、甲子園メンバーからは外れた。打てないからだ。大観衆の甲子園でプレーする栗田を見て、悔しさがこみあげた。

 「必ず見返してやる」。打撃フォームを見直し、細かいところまで修正を重ねた。秋の山梨県大会は無安打だったが、少しずつ手応えを感じ始めていた。

 「小吹の本塁打は大きかった。監督人生で最も奇跡的な本塁打」と吉田洸二監督は振り返った。小吹は「打撃でも貢献できてよかった。栗田とこれからも切磋琢磨(せっさたくま)し、勝ち上がっていきたい」と次戦を見すえた。(市川由佳子)