メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山形)羽黒が快勝、ベスト8に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月15日03時00分

 第71回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞秋田総局など後援)は14日、秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で2回戦6試合があり、羽黒は横手(秋田)を14―6で下し、8強入りを決めた。

 15日は準々決勝4試合があり、酒田南は盛岡大付(岩手)と、羽黒は八戸学院光星(青森)とそれぞれベスト4をかけて戦う。

 羽黒の一回表、先頭打者中島翔選手(2年)は2球目の直球を迷いなく振り抜いた。打球が中前に落ちると、一気に二塁へ滑り込み、雄たけびを上げた。この日は3本の長打を含む5安打4打点と活躍、「起爆剤」として打線に火を付けた。

 山形県大会では13打数5安打だったが、長打はゼロ。「バットを振るのが怖かった」。この日は小泉泰典監督のアドバイスを受けて、シンプルに球に反応することを心がけた。久々の長打に「体が自然に反応した。今日は思い切って振れた」と笑顔を見せた。

 小泉監督からは大会前、「東北でのベスト8の壁を越えよう」との話があったという。「次の相手、八戸学院光星には良い投手がいる。自分たちが鍛えた打撃がどれだけ通用するか、挑戦者の気持ちで臨みたい」と闘志を燃やした。(西田理人)