メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮城)仙台育英、古川が8強入り 高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月15日03時00分

 第71回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞秋田総局など後援)は14日、秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で2回戦6試合があり、8強が決まった。

 仙台育英は福島商に10―2でコールド勝ちし、古川は弘前東(青森)を延長戦の末に4―3で破った。大崎中央は秋田修英に1―9でコールド負けを喫した。15日は準々決勝4試合があり、県勢2校がベスト4をかけて挑む。

 57年ぶりの東北大会に臨んだ古川。互いに1点を重ね合う緊迫した初戦にあって、先制打を含め2打点と気を吐いたのが3番の高橋寛太君(2年)だ。

 三回に追いつかれた後の五回。敵失と犠打で1死二塁の場面で、左打席に入った。ネクストサークルで、背中越しに聞いていた観客席からの大声援。前の試合で敗退した同じ北部地区の大崎中央の選手たちが、古川応援団の隣で一緒に応援歌を熱唱してくれていた。

 「打たなきゃと思って、自分の力になった」。課題だった体の開きをグッと抑え、外角の変化球を引きつけて振り抜いた。瞬間の感触は「練習通り」。打球は三塁線に落ち、相手に向きかけた流れにくさびを打ち込む適時打となった。

 「大会のパンフレットに書いてあったので」とガッツポーズこそ封印したが、一塁上で笑顔がはじけた。「大崎中央の分と応援してくれる人たちのために、次の試合も頑張ります」(平田瑛美)