メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福井)啓新が準決勝へ 工大福井は敗退 北信越高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月15日03時00分

 第139回北信越地区高校野球大会(北信越地区高野連主催)は14日、新潟県内の2球場で準々決勝4試合があった。県勢は啓新が遊学館(石川)を破って4強入りを決めたが、工大福井は上田西(長野)に敗れた。準決勝は20日に新潟市中央区のハードオフ・エコスタジアム新潟である。

 同点で迎えた七回、鈴木聖矢君(2年)が代打に立った。三塁に走者を置く好機ながら、すでに2死。植松照智監督から「とにかく1本出せ」と指示され、覚悟を決めた。「ストライクの球を全力で振ろう」

 2球目、直球が真ん中寄りに入ったのを見逃さなかった。前のめりにならないよう、体重を後ろに残しながらバットを振り抜いた。

 手応えはよくなかった。打球を目で追いつつ全力疾走した。二塁手からの送球の判定はセーフ。この間に三塁走者が生還し、チームを初の北信越地区大会4強に導く内野安打となった。

 公式戦でベンチ入りすること自体、今大会が初めてだった。夏場、手投げの遅い球を、自分のポイントで捉えて打つ練習を地道に重ねた。タイミングを合わせるのがうまくなった。その成果が出た。

 試合後、「うれしかった」と満足そうに話した。だが、本来の武器は長打力だと思っている。それは発揮できなかった。「次は思いっきりフルスイングして長打を狙っていきます」(平野尚紀)