メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青森)青森山田がサヨナラ負け 秋季東北高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月14日03時00分

 第71回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞秋田総局など後援)が13日、秋田市で開幕した。こまちスタジアム、さきがけ八橋球場の両球場で1、2回戦の計4試合があり、青森山田は1回戦で大崎中央(宮城)に敗れた。14日には2回戦6試合があり、弘前東と八戸学院光星がそれぞれ8強入りを目指す。

 青森山田の1番打者、佐々木優征(2年)が東北大会の大舞台で躍動した。

 一回、低めのカーブをとらえて出塁。スクイズで先制のホームを陥れた。

 佐々木は昨秋の東北大会にも1年生ながら代打で出場。今年の新チーム結成後、甲子園でも活躍した赤平竜太(3年)らに「おまえがチームを引っ張っていけ」と思いを託された。

 だが秋季県大会では、準決勝で因縁のライバル八戸学院光星に1―17と大敗。腰に違和感を抱えながらプレーを続けたが、試合後に脊髄(せきずい)分離と診断された。約1週間、仲間と違う練習メニューで調整し、意識して打球を全方向に打ち分けるなど、東北大会に向けて練習を重ねてきた。

 九回にも内角のスライダーをはじき返して出塁。山本海翔(みくと)(2年)の適時打で再び本塁を踏んだ。勝利をたぐり寄せたように思えたが、勝負どころで守備が乱れるのがチームの課題。九回裏、四球や失策が重なって2点リードを逆転され、サヨナラ負けを喫した。

 自身は5打数4安打の活躍。「このままでは終われない。夏に向けて技術面も精神面も成長していく」。もう前を向いていた。(仲川明里)