メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福井)啓新、工大福井が準々決勝へ 北信越高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年10月14日03時00分

 第139回北信越地区高校野球大会(北信越地区高野連主催)は13日、新潟県内の3球場で、1回戦8試合があった。県勢は啓新が富山第一、工大福井が高岡第一(富山)をそれぞれ破り、14日にある準々決勝への進出を決めた。金津は松本第一(長野)に敗れた。

 「低めを丁寧に突いて、毎回最少失点に抑える」。金津のエース、石丸結大君(2年)は意気込んでマウンドに立った。だが、一回に早くも先制を許し、さらに死球と安打で2死満塁のピンチを迎えた。

 マウンドに仲間が駆け寄った。「相手がどんな球に弱いか、試してみろ」。そのアドバイスで、外角低めの直球を放った。打球は遊ゴロに。一塁走者を二塁で封殺し、追加点を与えることなく、この回を終えた。

 その後も相手の弱点を突く投球を心がけた。相手が直球を狙い出すと、変化球中心の投球に変えた。

 夏以前にも登板の経験はあった。だが、スタミナ不足が課題で、終盤の継投を任されることが多かった。新チームでエースとなり、夏休み中の練習で連投の経験を積んだ。その結果、この日の試合は9回を投げきることができた。

 一方、チームの打線は沈黙し、北信越地区大会での初勝利はお預けとなった。「もっと球速をアップさせて、点を取られない投球を目指したい」(平野尚紀)