スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山梨)東海大甲府、2年連続11回目の優勝 高校野球

2018年10月3日03時00分

 第71回秋季関東地区高校野球山梨県大会(県高野連主催)は2日、決勝が甲府市の山日YBS球場であり、東海大甲府が山梨学院を5―2で破り、2年連続11回目の優勝を果たした。3位決定戦は甲府工が甲府城西を破った。東海大甲府、山梨学院、甲府工の3校は20日に同球場で開幕する関東大会に出場する。

 ■好プレーに「チーム力」実感 加藤匠投手

 3点リードで迎えた七回のマウンド。東海大甲府のエース加藤匠(2年)は、安打2本と四球で2死満塁のピンチを迎えた。

 ここで山梨学院は代打を送る。「疲れは感じていなかった」と加藤。気を引き締め、2球で追い込んだ。その後、ファウルで粘られる。「もうすぐ自分の投球に合ってくるんじゃないか」と不安がよぎった。そして7球目。打球は左翼へ。深めに守っていた左翼手の川口航弥(2年)が全力で前進し、落ちる寸前で捕球した。「ナイスレフト」。ベンチに戻った川口を笑顔で迎え、好プレーをたたえた。

 「チーム力」。加藤が最も大切だと考えていることだ。夏の山梨大会をともに戦った3年生は、野球の技術が圧倒的に高かった。それでも、ベスト4で甲子園出場を逃した。

 「一人一人の力は先輩たちが上。自分たちが上回るには、全員の力で勝ち上がるしかない」。新チームが始動してから、仲間と誓い合ってきた。

 この日は190球を投げ、13奪三振の完投。しかし、9安打を浴びた。

 「守備陣の頑張りがあったからこそ勝つことができた。今のチームが全国でどれくらい通用するのか楽しみ」。加藤は関東大会で強豪校と戦うことを楽しみにしている。(市川由佳子)

地方大会のライブ中継をアプリで楽しもう!

観たい試合を見逃さない!地方大会から甲子園の決勝まで、ライブ中継開始の通知をアプリで受け取ろう。

スポーツブルアプリアイコン

スポーツブル

  • Google Play
  • App Store

QRコード

動画

注目動画

一覧へ

バーチャル高校野球の大量にある動画の中から、今、特に見てもらいたい動画をピックアップしました!

企画動画

一覧へ

朝日新聞社と朝日放送テレビが独自の目線で、さまざまな角度から高校野球にアプローチします!
高校野球新世紀
利根商・豊田監督

おすすめ動画

こちらの動画はご覧になりましたか?バーチャル高校野球からあなたへ「おすすめ」したい動画です!

話題の記事

おすすめソーシャルアカウント

スマホアプリで高校野球を楽しもう
投票 甲子園ベストゲームファイナル
第101回オフィシャルグッズ
本気の夏100回目
高校野球DVD販売サイト
第49回 明治神宮野球大会

許諾番号:9016200058Y45039

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報を配信中!フォローしてあなたも「高校野球通」になろう!!