スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

香川)石田・笠田、連合チームで挑む 高校野球県大会

2018年9月13日03時00分

 15日に開幕する秋季四国地区高校野球県大会に、石田と笠田の連合チームが出場する。両校とも部員が足りず、単独では大会に出られなかった。県高校野球連盟によると、部員不足から連合チームが大会に出るのは県内では初めて。2日目の16日、シードの観音寺総合との初戦に臨む。

 9日、さぬき市にある石田の校舎に、50キロ近く離れた三豊市の笠田から部員たちがやって来た。2回目となった合同練習は雨。教室などでミーティングをして、チームの目標やサインを決めた。「じゃ、またな」。終了後、両校の部員たちはまだ慣れない様子で手を振り合っていた。

 笠田は夏の香川大会が終わり、3年生が引退すると部員が6人になった。主将の井元良颯(つかさ)君(2年)らは、ほかの部活動から「助っ人」を入れて試合に出ていた先輩にならい、声をかけて回ったが、見つからなかった。監督や部員で話し合い、8月中旬、同じように人が足りていないと聞いた石田に連合チームで出ることを提案した。

 一方の石田は、春夏ともに部員だけで大会に出場。香川大会後は8人になり、今大会は参加を見送るつもりだった。笠田の打診を受け、黒坂季央(としお)監督は部員に尋ねた。「連合でも(大会に)出たいか」。すぐに全員が答えた。「出たい」

 連合チームの監督は石田の黒坂監督、主将は笠田の井元君が務める。ユニホームは別々だが、両校とも石田の赤色のストッキングをはく。

 県高野連によると、2006年春の県大会に、閉校を控えていた旧大川東が三本松から部員を借りて出場。17年春には、当時の観音寺中央と三豊工が、統合後の観音寺総合の名で県大会に出た。今回のように、部員不足から連合チームが結成されるのは初めてだ。

 「連合になり、互いに刺激を受けている」と黒坂監督。石田の主将、原内優真君(2年)は「野球ができることに感謝し、全員で戦いたい」と意気込んでいる。(小木雄太)

from-ichiro

地方大会のライブ中継をアプリで楽しもう!

観たい試合を見逃さない!地方大会から甲子園の決勝まで、ライブ中継開始の通知をアプリで受け取ろう。

スポーツブルアプリアイコン

スポーツブル

  • Google Play
  • App Store

QRコード

動画

注目動画

一覧へ

バーチャル高校野球の大量にある動画の中から、今、特に見てもらいたい動画をピックアップしました!

企画動画

一覧へ

朝日新聞社と朝日放送テレビが独自の目線で、さまざまな角度から高校野球にアプローチします!
大逆転
地方大会 決勝ダイジェスト

おすすめ動画

こちらの動画はご覧になりましたか?バーチャル高校野球からあなたへ「おすすめ」したい動画です!
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています
tiktok

話題の記事

おすすめソーシャルアカウント

スマホアプリで高校野球を楽しもう
投票 甲子園ベストゲームファイナル
第101回オフィシャルグッズ
新たに刻む、ぼくらの軌跡。
高校野球DVD販売サイト
第49回 明治神宮野球大会
地方大会の写真販売
観戦記念号外

許諾番号:9016200058Y45039

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報を配信中!フォローしてあなたも「高校野球通」になろう!!