メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉)雪辱の夏、堂々16強 木更津総合、戦いを終えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年8月19日03時00分

 初戦で逆転負けしたあの日から1年――。東千葉代表の木更津総合は「借りを返す」と甲子園に舞い戻り、破壊力のある打線と堅い守備で2勝を挙げた。2年ぶりの8強入りはならなかったが、堂々の16強。チームが一丸となって生まれた数々の好プレーは、甲子園を大いに沸かせた。

 チームの柱は、甲子園からエースになった野尻幸輝君(3年)だった。初戦と2回戦で先発。キレのあるスライダーやツーシームを武器に計15イニングを投げ、失点を1に抑えた。

 後輩投手も大舞台で躍動した。根本太一君(2年)は全3試合で登板。初戦では自己最速の149キロを投げ、観客を魅了した。3回戦では今大会初の先発出場。序盤は立ち上がりに苦しんだが、中盤は持ち直して何度も三振を奪った。

 強力打線も健在だった。初戦と2回戦は、どちらも12安打。3回戦でも相手を上回る9安打を放った。1番打者の東智弥君(3年)は2、3回戦の本塁打を含め、毎試合で長打を放った。東千葉大会では打率が1割台だった大曽根哲平君(3年)も、10打数5安打の活躍を見せた。

 だが、3回戦では堅かった守備にほころびが出て、序盤に2失策で先制を許した。投手陣の奮闘を打線が援護しきれず、1―4で惜敗。初の4強入りは、来年以降に持ち越しとなった。

 だが、五島監督は「ここまで来られるとは、昨秋は想像もしなかった」と振り返る。新チームが始動した昨秋の県大会は準決勝で敗退。昨年や一昨年のような絶対的なエースがおらず、打線もつながりを欠いた。

 「俺たちは弱い」。選手たちはそう認識し、再起を誓った。チームを立て直すため、五島監督は守備位置を抜本的に見直した。三塁手の野尻君に投手を兼任させ、一塁手だった山中稜真君(3年)を捕手に、捕手だった大久保貴揮君(同)を一塁手に転向させた。冬場の打撃練習とバットを短く持つコンパクト打法の徹底で、強力打線が開花。今春の県大会を制し、関東大会でも4強入り。東千葉大会を勝ち上がり、3年連続での甲子園出場を決めた。

 監督に甲子園10勝目を贈り、15日の育成功労賞受賞日までは勝ち残る――。二つの目標は超えた。「監督思いの選手たちだった」と五島監督は目を細める。

 下級生たちはさっそく、来夏に向けて闘志を燃やしている。2回戦、右翼からの好返球で相手の得点機を阻んだ太田翔梧君(2年)は「できなかったところを明日から鍛え直す」、根本君は「エースとして絶対に戻ってくる」と語った。

 4年連続での甲子園出場をめざす木更津総合と、追いすがる各校。互いに競い合い、来年こそは千葉に深紅の大優勝旗を持ち帰ってほしい。(松島研人)