メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

島根)甲子園での激戦終え、益田東が帰郷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年8月9日03時00分

 第100回全国高校野球選手権記念大会に県代表として出場した益田東の選手らが8日夕、益田市染羽町の学校に戻った。待ち構えていた教職員をはじめ野球部後援会や同窓会の関係者、地元住民ら計約50人が「益田東高校 心の野球」と書かれた横断幕を持って、選手たちに温かい拍手を送った。

 大庭敏文監督は人で埋まった甲子園のアルプススタンドに触れ、「甲子園、最高でした。野球を通じて人の心が一つになる喜びを与えてもらった。最高の時間をありがとうございました」と涙ながらにあいさつ。荻野竜志主将(3年)は「小さいころから夢見ていた甲子園に行けたのも皆さんのおかげ。これからも応援よろしくお願いします」と述べた。

 右田明理事長は「共に一丸となって素晴らしい感動を与えてくれた。本当にありがとう」とねぎらった。

 選手らは前日に常葉大菊川(静岡)との激戦を終えたばかりだが、この日は午前11時に大阪市の宿舎をバスで発った。(礒部修作)