メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島)聖光学院、報徳学園と初戦へ 両監督に聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年8月11日03時00分

 福島県代表の聖光学院(伊達市)は11日、第3試合(午後1時開始予定)で、東兵庫代表の報徳学園と対戦する。初戦を前に、聖光学院の斎藤智也監督と報徳学園の大角健二監督に意気込みを聞いた。(飯沼優仁)

 ――相手校の印象は

 斎藤監督 小さいときから聞いてきた名前。指導者としてついに対戦するときが来たのかと。光栄です。

 大角監督 手堅い野球に加え、破壊力を兼ね備えている素晴らしいチームだと思います。

 ――勝利の鍵を握る選手は

 斎藤監督 野球ですから投手ですよね。失点はある程度覚悟。継投を含めて力を発揮してほしい。

 大角監督 まず投手陣がそれぞれ働いてほしい。打線は小園が出て、神頭がかえせるかが鍵になる。

 ――警戒する選手は

 斎藤監督 小園君以外の選手も力がある。2番打者がいぶし銀の働きをすると聞いています。

 大角監督 衛藤君のピッチングです。東兵庫大会は打てないで苦しんだ。しっかり攻略したい。

 ――理想の試合展開は

 斎藤監督 球場の空気はアウェーになる。それを加味した上で3人の投手を攻略しないと勝てない。5、6得点したい。

 大角監督 東兵庫大会では投手戦を経験し、(接戦には)自信があります。投手陣も調子を上げてきているので、相手打線を抑えられれば。

 ――試合への意気込みを

 斎藤監督 僕が高3のとき全国制覇したのが報徳学園。地方大会で敗れた僕が指をくわえて見ていたその学校と100回大会で対戦できるのは何かの縁だと思う。全力でぶつかっていきたい。

 大角監督 監督としては最初の甲子園。新米監督として斎藤監督に勉強させてもらいたい。もちろん勝負にはこだわり、聖光さんの良い野球を吸収して、自分の糧にしたいです。