メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身長155cm二遊間コンビ躍動「野球は身長じゃない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年7月12日19時54分

 高校野球栃木大会で12日、155センチの小柄コンビが躍動した。矢板中央の主将・山口舞貴と副将・大島洸飛だ。三回、敵失で出塁して同点のホームを踏んだ1番の大島洸は「自分の仕事は小技で塁に出てホームにかえること。しっかり自分の仕事ができた」。155センチの小さな体で仲間とハイタッチする姿に笑顔があふれていた。

 二塁手の山口と遊撃手の大島洸は「155センチの二遊間コンビ」としてチームを引っ張ってきた。「野球は身長じゃないと証明したくてやってきた。身長で負けている分、相手との駆け引きで勝負しよう」と山口。仲間同士がぶつかった時もあったが、「2人でチームをまとめよう」といつも声をかけ合ってきた。試合は小山南に2―6で敗れたが、「小さくてもできると証明できた」と、2人に悔いはなかった。=栃木市営(北崎礼子)