メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九国大付「勝ち急いだ」9回暗転 4点差覆され敗れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年7月12日19時35分

 高校野球北福岡大会2回戦で12日、2014年から3年連続で夏の甲子園に出場し、今春の九州大会を制した九州国際大付が若松に4―5で逆転負けを喫した。4―0の九回、先発秋元が1失点し、なお1死満塁で降板。この回、ここまで打たれた3安打はどれも3球以内で、「ストライクをそろえすぎて、勝ち急いでしまった」と楠城監督。救援した2年生エースの下村も初球、2点二塁打を浴び、振り逃げ(暴投)で同点。9番打者の佐伯に決勝打を許した。下村は「相手の粘りや勢いにのまれてしまった。3年生に申し訳ない」とうなだれた。=中間仰木彬記念