メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長野)波乱の2回戦、Aシード2校敗退 高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年7月12日03時00分

 第100回全国高校野球選手権記念長野大会4日目の11日、2回戦12試合が4球場で行われ、シード校が登場した。佐久長聖や上田西などが3回戦に進んだ一方で、Aシード3位の松本深志や、同5位の諏訪二葉、昨夏4強の岩村田が敗退する波乱もあった。

 ■初戦で負けるなんて… 松本深志の小林兄弟

 初戦敗退はありえない――。敗れた松本深志の選手たちはそんな表情で整列し、スタンドに一礼して大会の舞台から去った。

 「甲子園に近い世代」と、このチームには期待がかけられていた。1年生の秋から、ともに一ケタの背番号を背負い、チームの中心選手として支えた小林綾(りょう)、絃(げん)の双子の兄弟(3年)。「甲子園出場をめざしてきたのに、初戦で負けるなんて信じられない。正直、何が起きているのか分からないです」。エースの綾は、ぼうぜんとした顔でそう言った。

 試合前の調子は「普通だった」。だが序盤、思い切り投げたボールが狙い通りのところに行かず、その後は「ちょっとだけ、置きにいってしまった」。

 弟で主将の絃は一塁手。この日の兄は上半身に力が入り、ストレートが走っていないと感じた。マウンドに近づいては「下半身メインでいけ」と声をかけた。

 中野立志館の左腕投手、神戸(かんべ)尚弥(3年)に力があることは分かっていた。しかも相手は、1回戦を完封勝ちして勢いがあった。

 攻撃は二回、2死から四球と三塁打で1点先取して流れに乗るかに見えたが、以降は散発4安打。走者を得点圏に進めても、三振や凡打で後続を抑えられた。投手だけでなく、打線も初戦の硬さがあったのか。

 「去年のメンバーも含め緊張していた」と絃。守備で三者凡退に抑えたのは二回と三回だけで、攻守とも歯車がかみ合わなかった。

 監督の守屋光浩は敗因について「本来の力を引き出させてあげられなかった。僕の力不足、責任です」と多くは語らなかった。

 2年連続長野大会ベスト8、今春の県大会3位という実績を刻んだ松本深志。その柱として支えた小林兄弟については「公立校に来てくれて、僕だけでなく、多くの人に夢を持たせてくれた。よくやってくれた」とねぎらった。(羽場正浩)