メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石川)熱戦火ぶた 第100回記念石川大会きょう開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年7月12日03時00分

 一球への思いをのせて――。第100回全国高校野球選手権記念石川大会(朝日新聞社、石川県高校野球連盟主催)が12日に開幕する。開会式は県立野球場(金沢市北塚町)で午前10時から開かれる。遊学館吹奏楽部の演奏にあわせて、昨夏優勝した航空石川を先頭に46チーム(49校)が入場行進する。

 式では、二水の奥村麗音さん(2年)が国歌と大会歌「栄冠は君に輝く」を独唱し、錦丘の西山文太主将(3年)が選手宣誓をする。開幕試合の石川高専―小松工は県立野球場で午後0時10分開始。泉丘の勝裕遼君(3年)が、朝日新聞社のヘリコプターからグラウンドに落とされるボールで始球式を行う予定だ。

 日程が順調に進めば25日に決勝を迎える。大会期間中、金沢市民野球場(金沢市磯部町)と弁慶スタジアム(小松市末広町)をあわせた3球場で計45試合がある。入場料は大人500円、高校生100円。中学生以下無料。

 開会式で、入場行進の先導役や国旗、連盟旗、朝日新聞社旗を持って歩く生徒は次のみなさん。=敬称略(木佐貫将司)

     ◇

 【行進先導】水上泰輔(津幡)【大会名プラカード】米久聖奈(小松商)、中橋沙奈(野々市明倫)【国旗、連盟旗、朝日新聞社旗、100回記念横断幕】喜多晏子(小松明峰)、大森愛美(泉丘)、面矢美来(遊学館)、南璃胡(金沢商)、水岡唯(小松大谷)、中田晴華(寺井)、牧島愛莉(羽咋)、行田瑞生(飯田)、吉田美月(小松)、高桑萌(北陸学院)、奥村瞳(石川高専)、境悠希(航空石川)、松任紗也加(小松市立)、柿本穂佳(錦丘)、越村日和(辰巳丘)、島結香(金沢西)、垣内風花(七尾東雲)、久保優花(輪島)