メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栃木)ベストゲームに3試合 宇都宮学園・文星芸大付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年5月16日03時00分

 ■2006年 第大会1回戦 関西10―11文星芸大付

 今夏の高校野球100回を記念して、読者のインターネット投票により、栃木県勢の夏の全国大会ベストゲームのトップ10を選んだ。そのうち3ゲームが選ばれたのが宇都宮学園、現在の文星芸大付だ。同校は1961年から2007年まで計10回、夏の甲子園に出場している。

■「打順回せ」監督の言葉を胸に

 第88回(2006年)は文星芸大付に改名して最初の甲子園出場だった。1回戦の関西(岡山)戦は打ち合いになった。六回終えて4―4の同点。七回に一挙5点を奪われ、結果として3点差で九回裏を迎えた。

 その攻撃の前にベンチ前で円陣が組まれた。高橋薫監督が、主将だった渡辺貴美男さん(29)を円陣の中に引き入れた。「そんなこと初めてだったのでびっくりしました。監督さんは私の頭をなでながら『こいつが一番がんばってきた。貴美男に打順を回せ』とげきを飛ばしたのです」

 打順は7番から。3番の渡辺さんに回るということは何かが起こるということでもあった。渡辺さんは仲間を信じてバットを持ち、ヘルメットをかぶったままグラウンドを見つめた。

 すると仲間たちが次々とつないでいく。連打と相手の失策で2点差。犠飛で1点差。2死走者なしで2番打者の保坂真樹選手に打順が回った。渡辺さんは「保坂が必ず回してくれると信じていました」。打ったのはボテボテの投前ゴロだったが、懸命に走ってヘッドスライディングでセーフ。失策を誘って二塁に到達した。

 打席に立った渡辺さんは、その時のことを今も鮮明に思い出せる。観客の声援。相手投手や二塁上の保坂選手の表情……。「絶対打つという気持ちと、夢を実現できている幸福感を味わっていました」。渡辺さんは全体練習後、甲子園で活躍する場面をイメージする自主練習を重ねてきたからだ。

 4球目だった。三遊間を抜く安打を放ち、同点。続く妻沼理史選手の左翼線への安打でサヨナラのホームイン。仲間たちは本塁上の渡辺さんの上に覆いかぶさって喜びを表した。

 チームは2回戦で敗退。渡辺さんはその後、国学院大学を経て、社会人チームの「JX―ENEOS」に入団。現在も現役の内野手として活躍している。

 目指してきたのはこの試合で言われた「貴美男に回せ」という言葉だ。「私に回せば何とかなる。そんな選手になろうと思って努力してきた。仲間にそんな風に思ってもらえるなんて、こんな幸福なことはありませんからね」

 この試合で、あきらめないこと、仲間を信じることを学んだという。「仲間がつないでくれたからあの打席があった。野球は1人じゃできないと心から感じさせてくれた試合でした」

■東海大相模に圧勝 第59回大会(77年)

 宇都宮学園は第59回大会(1977年)で出場3回目にして選手権初勝利をあげた。それも4年連続出場の強豪、東海大相模(神奈川)に10―0で圧勝。中心はエースの見形仁一投手。投げては被安打4の完封、打っても満塁本塁打を放った。2回戦も取手二(茨城)を3―1で下したが、3回戦で高知に2―3で敗れた。見形投手が1安打しか許さなかっただけに四つの失策が痛かった。

■スクイズ防げず涙 第63回大会(81年)

 第63回大会(1981年)の宇都宮学園は岡山南、岐阜南を破って16強入りを果たした。

 3回戦では準優勝した京都商と接戦を演じた。0―0のまま延長に入り、十一回1死満塁のピンチを迎える。相手打者のスクイズの打球を、稲葉和夫投手は懸命に本塁にグラブトスするが相手三塁走者の足が一瞬早かった。相手を上回る安打数を放ったが、残塁15が重くのしかかった。

 ■ベストゲーム 栃木

①作新学院54年ぶりの全国制覇

第98回(2016年)決勝

作新学院7―1北海(南北海道)

②怪物江川、雨に泣く

第55回(1973年)2回戦

作新学院0―1銚子商(千葉)

③文星芸大付、驚異の逆転サヨナラ

第88回(2006年)1回戦

文星芸大付11―10関西(岡山)

④江川、苦しんだ初戦

第55回(1973年)1回戦

作新学院2―1柳川商(福岡)

⑤作新学院、史上初の春夏連覇

第44回(1962年)決勝

作新学院1―0久留米商(福岡)

⑥葛生(現青藍泰斗)、9回の悪夢

第72回(1990年)2回戦

葛生4―5山陽(広島)

⑦小山、スター軍団を完封

第58回(1976年)2回戦

小山1―0東海大相模(神奈川)

⑧宇都宮学園、スクイズを防げず

第63回(1981年)3回戦

宇都宮学園0―1京都商(京都)

⑨宇都宮工、延長15回の死闘

第41回(1959年)決勝

宇都宮工2―8西条(愛媛)

⑩宇都宮学園、東海大相模に完勝

第59回(1977年)1回戦

宇都宮学園10―0東海大相模(神奈川)

(順位はインターネットによる投票結果。http://www.asahi.com/koshien/bestgame47/tochigi/