メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広陵、春の県大会2回戦敗退 夏はノーシード「心の隙」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年4月15日18時52分

 高校野球の春季広島県大会で15日、昨夏の甲子園準優勝校の広陵が2回戦で姿を消した。8強に与えられるシード権を逃し、100回目の夏はノーシードで広島大会に挑むことになった。

 県立校の広との対戦で、広陵の先発は昨夏の甲子園でも登板した右腕の森悠祐(3年)。制球が落ち着かなかった。二回1死二、三塁、高めに浮いた球を狙われて先制打を許し、この回2失点。味方が同点に追いついた直後の五回に先頭から連打を浴びたところで降板した。

 2番手は左腕の石原勇輝(2年)。森が作った無死一、三塁のピンチを伸びのある直球を低めに集めて切り抜けた。八回まで無失点。しかし、九回から制球を乱す。先頭の四球をきっかけに失点。打線が直後に同点としたが、延長十回も四球に味方の失策、自身の暴投が絡み、2点を失った。

 3―5で敗退。中井哲之監督はミスが多く出た試合を振り返り、「(敗因は)心の隙です。いい勉強にするしかない」と語った。