メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道)駒大苫小牧 いざセンバツへ 苫小牧で激励会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2018年3月9日03時00分

 23日に開幕する第90回記念選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)に出場する駒大苫小牧野球部の激励会が8日、苫小牧市役所で開かれ、佐々木孝介監督(31)は「北海道の代表として、感動を与えられるような試合をしてきたい」と決意を語った。

 4年ぶり4回目の出場。佐々木監督にとっては就任9年目で2度目の選抜大会だ。4年前の1回戦は創成館(長崎)に3―0で快勝、2回戦は履正社(大阪)に序盤に4点をリードしながら逆転サヨナラ負けした。「目標は全国制覇だが、まずは前回を超える2勝以上を目指す」と佐々木監督。大槻龍城主将は「全員で熱く泥臭く、チャレンジし、一戦一戦粘り強く戦いたい」と意気込みを語った。

 会場の市役所ロビーには多くの職員らが集まり、岩倉博文市長は「今年は市制施行70年。私も甲子園のアルプスで応援したい。はつらつとしたプレーで17万市民に元気を与えて欲しい」と激励した。

 駒大苫小牧は12日に苫小牧を出発して関西で直前合宿。16日の組み合わせ抽選会にのぞむ。(深沢博)