メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡)21世紀枠県推薦の小倉高で表彰式 高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月21日03時00分

 県高野連は20日、来春の選抜高校野球大会の21世紀枠に推薦する小倉高(北九州市小倉北区)を表彰した。

 小倉は秋の九州地区高校野球福岡大会で4強入り。準決勝では優勝した東筑と対戦し、延長十一回にサヨナラ負けしたものの互角に戦った。小倉は21世紀枠に選ばれれば、1978年以来40年ぶりの選抜大会出場になる。

 表彰式では久保英二会長が「文武両道の結果を出している学校。全国大会に出てもひけをとらないチーム」とたたえ、表彰状と記念のブロンズ像を徳永直樹主将(2年)らに手渡した。式のあと、徳永主将は「春夏の甲子園出場のチャンスに向けて個々の力を高めたい。選抜大会で東筑と戦ってみたい」と話した。

 県高野連によると、来月までに九州の推薦校のなかから候補校を1校に絞る。1月26日に全国の候補校から3校が21世紀枠に選ばれる。(新屋絵理)