メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長野)がんばれ!信州球児 けやき坂46柿崎芽実さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ――柿崎さんと同年代の球児が今年も熱戦を繰り広げます。高校野球は見たことありますか。

 テレビで甲子園の中継をよく見ていました。やっぱり長野代表が出ていると、自然と応援していましたね。あと、中学時代の友達が高校野球にすごい詳しくて。「今年は佐久長聖や長野商が強いんだよ」みたいな感じで私に毎年情報を教えてくれていました。それで少し詳しくなったのかな。高校野球って友情とか絆を感じたりします。かっこいいなって思います!

 ――周りの友達に野球をしている人はいましたか。

 中学の同級生にいました。そのまま高校も野球部に入った人もいるみたいなので、活躍してほしいなって思います。

 ――これまでにスポーツの経験はありますか。

 実は、小学校4年生の頃から3年間地域のスポーツ団でソフトボールのチームに入っていました。主にライトを守っていましたね。バッティングよりもボールを追いかけるのが大好きで(笑)。その頃はお父さんと公園に行ってキャッチボールをしていました。

 ――ソフトボールを3年間経験したら相当うまくなってそうですね。

 いやそれが全然うまくなくて(笑)。試合できるくらいの人数しかいなくて、厳しいというよりも楽しく練習や試合をしていました。でも一度強いチームに勝ったことがあるんです。そのときは驚いたし、うれしかったですね。あと思い出に残っているのは、練習後にみんなで食べたアイスの味。本当においしかったです。

 ――球場の応援席では、欅坂46の「サイレントマジョリティー」(デビューシングル)が流れるなど同世代からも大人気です。柿崎さんが球児におすすめしたい曲を教えてください。

 ひらがなけやきの「誰よりも高く跳べ!」はアップテンポですごく元気になる曲です。あとは欅坂46の「不協和音」もいいですね。力強い感じが球児のみなさんにも伝わればいいなと思います。グループ以外の曲だと「UVERworld(ウーバーワールド)」さんの「在るべき形」がおすすめです。歌詞に「他の誰かの正解は君の答えじゃない」っていうところがあるんですけど、ここがすごく響きます。自分が落ち込んだ時によくこの曲を聴いて自分自身を奮い立たせます。

 ――打席前やマウンドにあがる前に緊張する球児も多いと思います。柿崎さんの解消方法を伝授してください。

 うーん、なんだろう……。今、ひらがなけやきで全国ツアーをやっているんですけど、ライブ前は本当に緊張するんです。「もうだめー」とか言って半泣きしちゃうぐらい(笑)。その時はメンバーに背中をたたいてもらったり、大声を出したりすると「頑張ろう!」って思えます。だけど一番はその時を楽しむことだと思います。私もステージに立てば、緊張も忘れるくらい楽しむことを心がけているので!

 ――最後に信州球児にエールをお願いします。

 勝つためにこれまで必死に練習してきたと思います。結果じゃないという人もいると思うけど、良い結果を目指して、一生懸命頑張って欲しいなと、私も応援しています!

     ◇

 長野大会開幕を前に、長野県にゆかりのある5人に「信州球児」への応援メッセージを聞いた。(聞き手・辻隆徳)

     ◇

 〈かきざき・めみ〉 2001年生まれの15歳。16年5月に人気アイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」内の「けやき坂46(呼称・ひらがなけやき)」のオーディションに合格。同年8月に発売した欅坂46のシングルCDのカップリング曲で、ダブルセンターの一角としてデビュー。今月19日にグループ初のアルバムをリリースし、8月2日からは全国6カ所11公演のアリーナツアーを開催予定。