メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

必死に毎日、練習してきたみんなが誇り 読者投稿から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2016年7月20日13時07分

 (夏の地方大会)

 袴田杏奈(長野県佐久市 17)

 私は岩村田高校の記録員としてこの夏、ベンチに入れさせてもらいました。昨夏は初戦で負けてしまいましたが、先輩たちのやりきったという表情を思いだし、今度は私たちの番だと臨みました。しかし、初戦の須坂高校との試合は1―6で負けてしまいました。

 サイレンが鳴って試合が終わったときは負けたという感じがあまりしませんでした。でも須坂高校が校歌を歌っていると、自然に涙が出てきて、じわじわと負けたんだという気持ちになりました。選手のみんなはそれぞれ、悔いが残る試合になったと思います。私自身もみんなの役に立つことができたのかと思いましたが、監督からは「お前らはよく貢献してくれた。本当にありがとう」という言葉をいただき、引退を感じるとともに気持ちはすっきりしました。

 岩村田は2年生マネジャーがいないので1年生が一人前になれるように先輩としてこれからはサポートしていきたいと思います。初戦敗退という結果にはなりましたが、夏に向けて必死に毎日、練習してきた選手のみんなをとても誇りに思います。岩村田のマネジャーになってよかったです。