高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

現在位置:高校野球>地方ニュース>青森> 記事

青森ニュース

「野球できることに感謝」光星学院・秋田、雪辱胸に青森へ

2011年3月30日9時12分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 (29日、智弁和歌山3―2光星学院) 光星学院の右腕、秋田が好投した。強振する相手を研究し、「しっかり外角に」。140キロ台の直球とキレのあるスライダーを集め、3回までパーフェクト。しかし、中盤以降、制球が甘くなり、8回に決勝打を浴びた。「思い切り投げられたけど、まだ足りない。負けたのは僕の責任」。エースらしく悔やんだ。

 11日の東日本大震災で、チームは合宿地の沖縄から、青森に戻れぬまま、大阪入りした。「野球をできることに感謝しないといけない。勝つことで、勇気や元気をもってもらえたら、と。もっと勝ちたかった。また甲子園に帰ってくる」。雪辱の思いを胸に、青森に戻る。

検索フォーム

このページのトップに戻る