高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

現在位置:高校野球>地方ニュース>愛知> 記事

愛知ニュース

愛工大名電、磐田東―中京の勝者と 東海地区高校野球

2010年10月13日0時37分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 第63回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が12日、名古屋市中区であった。この大会の成績は、来春の第83回選抜高校野球大会出場校の選考材料となる。

 20年ぶりに愛知県大会で優勝した愛工大名電は、磐田東(静岡2位)と中京(岐阜3位)の勝者と、享栄(愛知2位)は静岡(静岡3位)と対戦する。13年ぶりの出場を決めた豊田西(愛知3位)は、松阪(三重2位)と戦う。

 大会は23日から三重県で始まる。愛知、岐阜、三重、静岡の各県大会の上位3校が出場。四日市市営霞ケ浦球場、県営松阪球場、伊勢市営球場で、23、24、30、31日の日程で行われる。

このページのトップに戻る