朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

長野大会 見どころ

上田西、高い機動力

 今春の県大会を制した上田西が総合力で頭一つ抜け出ている。最速140キロの直球に鋭い縦のスライダーを持つ左腕浦野を擁し、50メートル走5秒8の武田を筆頭に機動力も高い。

 追うのは、昨夏代表の佐久長聖と春の県大会準優勝の東京都市大塩尻。いずれも完投できる投手を複数そろえ、打線も勝負強い。

 創部100周年の松商学園も、全国最多36回目の夏の甲子園出場を狙う。節目の年に花を添えられるかは投手力の底上げがカギだ。

 昨夏準優勝の松本第一や長野日大も粘り強く、上位を狙える力がある。伊那弥生ケ丘や上伊那農、長野東などの県立勢も波に乗れば私立の強豪校を脅かす存在になる。

甲子園の戦績

  過去の戦績一覧 勝利数ランキング 出場回数ランキング
長野 選抜 選手権 選抜 選手権 選抜 選手権
戦績一覧 勝ち:勝ち  負け:負け  引き分け:引き分け
大会 代表校 1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝 準決勝 決勝
第94回 2012 佐久長聖 負け          
第93回 2011 東京都市大塩尻   負け        
第92回 2010 松本工 負け          
第91回 2009 長野日大 勝ち 勝ち 負け      
第90回 2008 松商学園 負け          
第89回 2007 松商学園 負け          
第88回 2006 松代 勝ち 負け        
第87回 2005 松商学園 負け          
第86回 2004 塚原青雲 負け          
第85回 2003 長野工 負け          

選手権大会での全戦績