朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月20日0時40分
このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎・延岡学園、11回の死闘制す 48年ぶり4強

写真:富山第一―延岡学園 延長11回裏延岡学園1死一、二塁、薄田の二ゴロと敵失でサヨナラの本塁を踏み、大喜びする二塁走者浜田。次打者柳瀬(2)=遠藤真梨撮影拡大富山第一―延岡学園 延長11回裏延岡学園1死一、二塁、薄田の二ゴロと敵失でサヨナラの本塁を踏み、大喜びする二塁走者浜田。次打者柳瀬(2)=遠藤真梨撮影

写真:富山第一―延岡学園 8回裏延岡学園1死二塁、岩重は左翼線適時二塁打を放つ=諫山卓弥撮影拡大富山第一―延岡学園 8回裏延岡学園1死二塁、岩重は左翼線適時二塁打を放つ=諫山卓弥撮影

 準々決勝の19日、宮崎代表の延岡学園は富山第一に延長11回、5―4でサヨナラ勝ちし、夏の甲子園では県勢として1965年の高鍋以来、48年ぶりのベスト4入りを果たした。県勢初の優勝へ期待がかかる延岡学園は21日の準決勝、第2試合で午後1時半から岩手代表の花巻東と対戦する。

宮崎代表のページはこちら

■追いつ追われつの激戦

 延長11回追いつ追われつの激戦の末、延岡学園がサヨナラ勝ちした。

 1点を追う6回、先頭松元がセーフティーバントで出塁すると、坂元の三ゴロが相手の野選を誘い無死一、二塁に。4番岩重が犠打で好機を広げると、浜田が右越え三塁打で2点をかえし逆転。その後スクイズも決め手堅く追加点を挙げた。

 8回は再度1点を追いかけることになったが、1死二塁で打席に入った岩重が左翼線適時二塁打を放ち試合を振り出しに戻した。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

学校検索使い方

ここから広告です
広告終わり

都道府県ニュース

朝日新聞デジタル 高校野球フェイスブック公式ページ 朝日新聞西部本社 高校野球ツイッター
高校野球スマホ版

ピックアップ

夏の甲子園2013DVD販売決定
第95回全国高校野球選手権記念大会(夏の甲子園)の全48試合を1試合ごとにDVD化。昨年(第94回大会)の試合も販売中!
球場で流れる校歌を集めたCD販売
第95回全国高校野球選手権記念大会の出場校校歌を集めたCDが発売。球場で流れる音源を夏の思い出に!
目指せ甲子園博士!高校野球検定
夏の甲子園にまつわる知識を試す「高校野球検定」が今秋、初めて開催される。全国高校野球選手権大会が95回を迎える記念企画。
来夏の原画とキャッチフレーズ募集
第96回全国高校野球選手権大会(来夏)のポスターやテレビCMなどに使用する原画とキャッチフレーズを、高校生を対象に募集します。

「WEBRONZA」スポーツ

webronza沖縄高校野球、強さの秘密
我喜屋マジック。スタンダード化する興南スタイル

野球関連商品

朝日新聞社インフォメーション

リンク

携帯サービス

QRコード 朝日・日刊スポーツ
甲子園のリアルタイム速報は、携帯サービスでもお届けします。
QRコード 朝日日刊インサイト
球児たちの涙、勝敗の裏側に迫ります。
QRコード ニュースEX
甲子園のリアルタイム速報、スポーツやエンタメ情報も満載!