朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年7月24日0時38分
このエントリーをはてなブックマークに追加

シード続々敗退 延岡学園に安定感 宮崎大会を振り返る

写真:決勝でレフトスタンドに入る3点本塁打を放つ延岡学園の4番岩重=20日、サンマリン拡大決勝でレフトスタンドに入る3点本塁打を放つ延岡学園の4番岩重=20日、サンマリン

写真:決勝で約740人が全校応援で駆けつけ、盛り上がる延岡学園側スタンド=サンマリン拡大決勝で約740人が全校応援で駆けつけ、盛り上がる延岡学園側スタンド=サンマリン

表:宮崎大会の組み合わせ拡大宮崎大会の組み合わせ

 【中村光】初の県北対決となった20日の決勝で、延岡学園が3年ぶり7度目の夏の甲子園を決めた宮崎大会。雨天順延が一度もなかった異例の大会は、序盤から宮崎大会らしい混戦が繰り広げられた。49校が出場した13日間の熱戦を振り返る。

宮崎大会の試合結果はこちら

 聖心ウルスラが第4シードの宮崎日大を破った第5日の2回戦は、その後の大会を象徴するものになった。エース不在の宮崎日大相手に序盤から4得点すると、エース浜渦悠樹(3年)が粘りの投球で3失点完投。優勝候補の一角を崩し、その後もすべて2点差以内ではい上がった。

 宮崎日大を含め、シード校は3回戦までに5チームが姿を消した。第8日には大会屈指の右腕・日章学園の冨安翼(3年)を宮崎商が打ち崩しコールド勝ち。国部輝(3年)の2試合連続弾などで、ベスト4入りの躍進を見せた。

 昨夏王者の第8シード宮崎工を下しベスト8入りした宮崎大宮の打線も光った。3試合連続コールド勝ちの快進撃をエースで4番の主将・清水陸生(3年)が支えた。

 第5シード都城東との初戦で見事な逆転勝利をみせた宮崎南も波に乗った。この試合で9回に逆転本塁打を放った大坪諒(3年)は、次の都城農戦でも本塁打。18年ぶりベスト8進出の立役者となった。延長13回に及ぶ聖心ウルスラとの準々決勝は、今大会有数の名勝負となった。

 福島や延岡星雲といった他の公立校の奮闘も多くの球児に夢を与えた。

■甲子園での躍進、「失点」カギ

 その混戦の宮崎大会を安定感のある強さで勝ち上がった延岡学園。甲子園での躍進のかぎはどこにあるのか。

 県高野連の猪股整理事長は「攻撃は全国トップレベル。ある程度点数は取れるはず」。大会では、5試合で42得点と抜群の得点力をみせた。特に4番岩重は打率5割2分6厘、打点9の活躍。決勝でも3点本塁打を放った。3番で主将の坂元亮伍(3年)は準決勝以降こそ当たりがなかったが、それまでは打率4割5分4厘と岩重の前に走者をためる役割を果たした。7番の渡会晃大(2年)も打率5割3分3厘と、下位打線にも力がある。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

学校検索使い方

ここから広告です
広告終わり

都道府県ニュース

朝日新聞デジタル 高校野球フェイスブック公式ページ 朝日新聞西部本社 高校野球ツイッター
高校野球スマホ版

ピックアップ

夏の甲子園2013DVD販売決定
第95回全国高校野球選手権記念大会(夏の甲子園)の全48試合を1試合ごとにDVD化。昨年(第94回大会)の試合も販売中!
球場で流れる校歌を集めたCD販売
第95回全国高校野球選手権記念大会の出場校校歌を集めたCDが発売。球場で流れる音源を夏の思い出に!
目指せ甲子園博士!高校野球検定
夏の甲子園にまつわる知識を試す「高校野球検定」が今秋、初めて開催される。全国高校野球選手権大会が95回を迎える記念企画。
来夏の原画とキャッチフレーズ募集
第96回全国高校野球選手権大会(来夏)のポスターやテレビCMなどに使用する原画とキャッチフレーズを、高校生を対象に募集します。

「WEBRONZA」スポーツ

webronza沖縄高校野球、強さの秘密
我喜屋マジック。スタンダード化する興南スタイル

野球関連商品

朝日新聞社インフォメーション

リンク

携帯サービス

QRコード 朝日・日刊スポーツ
甲子園のリアルタイム速報は、携帯サービスでもお届けします。
QRコード 朝日日刊インサイト
球児たちの涙、勝敗の裏側に迫ります。
QRコード ニュースEX
甲子園のリアルタイム速報、スポーツやエンタメ情報も満載!