朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月25日0時36分
このエントリーをはてなブックマークに追加

積み重ねた日々、結実 群馬・前橋育英

写真:閉会式で優勝旗を手にチームの列に戻る荒井海斗主将=22日、阪神甲子園球場、内田光撮影拡大閉会式で優勝旗を手にチームの列に戻る荒井海斗主将=22日、阪神甲子園球場、内田光撮影

写真:主将に選ばれた工藤陽平選手(手前右)が抱負を述べ、新チームがスタートした=前橋市朝日が丘町拡大主将に選ばれた工藤陽平選手(手前右)が抱負を述べ、新チームがスタートした=前橋市朝日が丘町

 第95回全国高校野球選手権記念大会で、初出場初優勝を22年ぶりに果たした前橋育英。熱気冷めやらぬ24日、新チームが始動した。

群馬代表のページはこちら

 「甲子園で勝てたことをプラスにして、ここから新しいスタートを切ろう」。午前9時。前橋市の同校グラウンドで、荒井直樹監督が選手に語りかけた。

 新主将は甲子園で1番打者として活躍した中堅手工藤陽平(2年)。ライバルから遅れること1カ月。来春の選抜大会をめざし、9月7日開幕の秋の県大会に向けて走り出した。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧