朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月22日1時40分
このエントリーをはてなブックマークに追加

花巻東、初の決勝逃す 遠かった三塁 岩手

写真:花巻東―延岡学園 試合に敗れて応援席へあいさつに向かう花巻東の選手たち=林敏行撮影拡大花巻東―延岡学園 試合に敗れて応援席へあいさつに向かう花巻東の選手たち=林敏行撮影

写真:花巻東―延岡学園 8回裏延岡学園1死三塁、打者岩重のスクイズを外し、三塁走者松元(中央)を三本間で挟殺する遊撃手茂木。右は捕手山下=加藤諒撮影拡大花巻東―延岡学園 8回裏延岡学園1死三塁、打者岩重のスクイズを外し、三塁走者松元(中央)を三本間で挟殺する遊撃手茂木。右は捕手山下=加藤諒撮影

写真:花巻東―延岡学園 4回表花巻東無死、千葉は遊ゴロにたおれる=白井伸洋撮影拡大花巻東―延岡学園 4回表花巻東無死、千葉は遊ゴロにたおれる=白井伸洋撮影

 準々決勝で見せた逆転劇の再現はならなかった。第95回全国高校野球選手権記念大会で、花巻東は21日の準決勝で延岡学園(宮崎)に敗れ、県勢初の決勝進出を逃した。だが、4年ぶりに4強進出を果たし、岩手の高校野球の強さを見せた戦いぶりに、観客席、地元、被災地から大きな声援と拍手が送られた。

岩手代表のページはこちら

■打線、ふるわず

 花巻東は、延岡学園の左腕・横瀬の緩急をつけた投球にかわされ、散発3安打。三塁ベースを踏めなかった。

 花巻東は5回、先頭の山下が中前打で出塁。茂木の送りバントを処理しようとした横瀬が転倒し、無死一、二塁の先制機をつかんだ。しかし、次打者の送りバントは捕手の目の前に転がり、三塁で封殺。走者を進められない。後続も連続空振り三振に倒れた。

 花巻東の先発・中里はコースを丹念に突き、5回までを0点で切り抜けた。だが6回、2死二塁から右前にはじき返され、先制を許す。次打者にも左中間三塁打を浴び、計2点を失った。

 8回は1死三塁から延岡学園が試みたスクイズを細川、山下のバッテリーが冷静に外角へ外し、封じた。9回2死から多々野が四球で出塁したが、本塁へかえすことはできなかった。

■千葉翔太選手、無安打に悔しさ

 【田渕紫織】準々決勝までとは、別人だった。「自分の野球人生の中で、一番悔しい思いをしました」。千葉翔太(3年)は、肩をふるわせた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧