朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月20日0時34分
このエントリーをはてなブックマークに追加

球場で地元で…喜び爆発 日大山形4強入り

写真:接戦を制し、アルプススタンドで歓喜する野球部員たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場拡大接戦を制し、アルプススタンドで歓喜する野球部員たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場

写真:逆転に大喜びの生徒や卒業生たち=山形市鳥居ケ丘の日大山形高校第1体育館アリーナ拡大逆転に大喜びの生徒や卒業生たち=山形市鳥居ケ丘の日大山形高校第1体育館アリーナ

 炎天下の元、アルプススタンドを盛り上げたのは日大山形の吹奏楽部29人。攻撃中は打席に立った選手ごとのテーマソングや応援歌など、約15曲を奏で続けた。

山形代表のページはこちら

 部で一番の野球好きという佐藤史織さん(3年、テューバ)は、甲子園で演奏するのが中学生からの夢だった。接戦を制すると、スタンド席のあちこちで泣き出す人たちも。佐藤さんも涙をこらえながら「本当によかった。次も、ピンチの時も切り抜けられるような演奏がしたいです」と笑顔を見せた。

     ◇

 勝ち進むごとに倍増する地元応援団。4強がかかった19日、山形市にある日大山形の体育館小アリーナには卒業生や在校生ら約330人が詰めかた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧