朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月19日0時32分
このエントリーをはてなブックマークに追加

茨城・常総学院、破竹の一丸 10年ぶり8強

写真:常総学院―福井商 6回表常総学院1死二塁、石井は中前に適時打を放つ。投手長谷川=白井伸洋撮影拡大常総学院―福井商 6回表常総学院1死二塁、石井は中前に適時打を放つ。投手長谷川=白井伸洋撮影

写真:先制の本塁打を放ち、次打者の高島(8)に迎えられる眼龍=遠藤真梨撮影拡大先制の本塁打を放ち、次打者の高島(8)に迎えられる眼龍=遠藤真梨撮影

写真:7回表、右前に適時打を放つ進藤=林敏行撮影拡大7回表、右前に適時打を放つ進藤=林敏行撮影

写真:左越えに2点本塁打を放つ内田=白井伸洋撮影拡大左越えに2点本塁打を放つ内田=白井伸洋撮影

 終盤の猛攻で、一気に突き放した。常総学院は18日、3回戦で福井商(福井)と対戦。9―1で快勝し、優勝した2003年以来10年ぶりの8強入りを果たした。準々決勝は19日、第3試合で前橋育英(群馬)と対戦する。

茨城代表のページはこちら

■出場全員の17安打、快進撃

 常総学院は終盤に打線が爆発、出場全員の17安打で大勝した。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧