朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月19日0時38分
このエントリーをはてなブックマークに追加

栃木・作新学院の力、全国に見せた 試合を振り返る

写真:試合を終え、グラウンドの土を集める作新学院の選手たち=林敏行撮影拡大試合を終え、グラウンドの土を集める作新学院の選手たち=林敏行撮影

 【友田雄大】県勢で初の3年連続で夏の甲子園に出場した作新学院は、3年連続で16強に食い込んだ。1、2年生が多いなか、得意の機動力や、打力、投手陣の強気な投球など全国の舞台で作新の力をみせつけた。

栃木代表のページはこちら

 桜井(奈良)との1回戦は相手のミスにつけいる隙のない野球を展開した。2回戦の熊本工戦では、甲子園から背番号1を背負った渡辺雄麻(3年)、朝山広憲(1年)の2人が被安打計4の零封リレー。

 敗れた日大山形(山形)には、1点差で食らいついたが、8回に引き離された。直前の7回、内外角の厳しいコースを攻めていた朝山が相手の4番打者に死球を与えたとき、朝山の動揺がはっきりと見えた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧