朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月19日0時37分
このエントリーをはてなブックマークに追加

日大山形、19日に明徳義塾戦 両校主将の意気込みは

写真:日大山形・奥村展征主将拡大日大山形・奥村展征主将

写真:明徳義塾・逸崎友誠主将拡大明徳義塾・逸崎友誠主将

 山形勢初の4強なるか。日大山形は19日、準々決勝の第2試合(午前10時30分開始予定)で明徳義塾(高知)と対戦する。日大山形・奥村展征主将と明徳義塾・逸崎友誠主将に、相手の印象や対戦への意気込みをそれぞれ語ってもらった。

山形代表のページはこちら

 ――相手の印象は

 奥村主将 エースの岸投手が良い。機動力もあるチーム。

 逸崎主将 庄司投手はチェンジアップを多用してくる。飛球を打ち上げないように、低く強い当たりを打てるかどうか。打撃面では3〜5番が力のあるスイングをしてくる印象。

 ――警戒する選手は

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧