朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月18日0時44分
このエントリーをはてなブックマークに追加

2年生投手対決へ闘志 横浜、8強入りかけ前橋育英戦

写真:実戦形式で練習する選手たち=兵庫県西宮市拡大実戦形式で練習する選手たち=兵庫県西宮市

 【杉山圭子】横浜は18日、8強入りをかけて前橋育英(群馬)と対戦する。17日は兵庫県西宮市内で約2時間、実戦形式の走塁練習などを行った。左腕エース伊藤将司投手(2年)は約40球を投げ込んだ。初戦の2回戦は肩に少し違和感があったというが「今はまあまあ。初戦よりいい状態です」。

神奈川代表のページはこちら

 前橋育英の速球派右腕、高橋光成投手も2年生。1、2回戦とも完封勝ちした。伊藤投手は「同級生には負けられない。自分なりの投球をすればいけると思う」と闘志をみせた。

 横浜は初戦のあと4日間、試合がなかった。渡辺元智監督は相手の勢いを警戒しながらも「成長途上で故障を抱える選手も多い2年生中心のうちにとって、試合間隔があいたことはありがたい」と話す。

 選抜大会の優勝、準優勝校や昨夏の覇者・大阪桐蔭などの強豪がすでに敗れた今大会。「春と夏では戦い方が違い、過去の実績もあてにはならない。どこが相手でも、ここまできたら簡単には勝たせてくれない。自分たちから崩れないことをまず気をつけたい」と語った。

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧