朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月15日0時35分
このエントリーをはてなブックマークに追加

「最少失点に」 茨城・常総学院、15日仙台育英戦

写真:常総学院・佐々木力監督常総学院・佐々木力監督

写真:仙台育英の佐々木順一朗監督仙台育英の佐々木順一朗監督

 【照屋健、鈴木剛志】第95回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)で、常総学院は大会第8日(15日)の第3試合で仙台育英(宮城)と戦う。常総学院の佐々木力監督と仙台育英の佐々木順一朗監督に、それぞれのチームの印象などを聞いた。

茨城代表のページはこちら

――初戦を終えてチームの状態は

 佐々木力 80%ほどまで仕上がっている。飯田が初戦であれほど(完封)投げられたし、打線もきちんと点数を取れたので良い状態だ。

 佐々木順 宮城大会で打てなかった熊谷が打ったり、頼りになった上林が打てなかったり。良い点も悪い点も出た。結果的には、浦和学院に勝って士気は上がっている。浮かれているようなところもない。

――相手の印象は

 佐々木力 1番から9番までけれん味なく打ってくる。力で押してくる印象だ。浦和学院の小島君を打って自信にもなったと思う。投手は2人とも球種が多彩で直球も速い。

 佐々木順 そつがない。走攻守とも監督の指示が行き届いて、それを着実にこなしている。投手はセンスがある。バント処理であるとか連係とか牽制(けんせい)とか、甲子園でもいいところが出ている。隙がない。

――警戒する選手は

 佐々木力 打者では熊谷君、上林君、小林遼君。投手ではエースの鈴木君。

 佐々木順 茨城大会で本塁打を打っている内田君。内田君に打たれると大量失点する可能性がある。

――どう戦う?

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧