朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月14日0時39分
このエントリーをはてなブックマークに追加

栃木・作新学院監督「1点争う接戦に」 15日に2回戦

写真:作新学院の小針崇宏監督=大阪市淀川区拡大作新学院の小針崇宏監督=大阪市淀川区

写真:熊本工の林幸義監督=兵庫県尼崎市拡大熊本工の林幸義監督=兵庫県尼崎市

 第95回全国高校野球選手権記念大会で1回戦を突破した作新学院は、15日の第2試合(午前10時半開始予定)で、熊本工(熊本)との2回戦に臨む。

栃木代表のページはこちら

 初戦では17得点と相手を圧倒したが、2回戦に向けては「大勝後の大振り」に気をつけて練習してきた。その成果として、センターに低く強い打球を返すことができるかがカギになる。熊本工は、初戦で毎回の10安打を記録し、打線に迫力がある。両校とも投手の出来が勝敗を分けそうだ。

 対戦を前に、両監督に意気込みを聞いた。

     ◇

 ――相手の印象は

 作新学院・小針崇宏監督 エースの山下君は好投手。直球、変化球ともに制球力は十分。打線は1番から9番まで力のある選手が並んでいる。

 熊本工・林幸義監督 うちにはない足のあるチームという印象。特に中軸は打力があるようなので、走者をためないようにしたい。

 ――相手の注目選手は

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧