朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月10日0時41分
このエントリーをはてなブックマークに追加

茨城・常総学院、投打がっしり 北照打線を零封

写真:北照―常総学院 4回裏常総学院無死一、三塁、内田は中越えに3点本塁打を放つ。捕手小畑=加藤哉撮影拡大北照―常総学院 4回裏常総学院無死一、三塁、内田は中越えに3点本塁打を放つ。捕手小畑=加藤哉撮影

写真:無四死球で完封した常総学院の飯田=内田光撮影拡大無四死球で完封した常総学院の飯田=内田光撮影

写真:応援を盛り上げた吹奏楽部の部員や卒業生たち=兵庫県西宮市、阪神甲子園球場拡大応援を盛り上げた吹奏楽部の部員や卒業生たち=兵庫県西宮市、阪神甲子園球場

 常総学院は投打がかみあい、春の選抜大会8強入りの北照(南北海道)に快勝した。大会2日目の9日、第4試合に出場した常総学院は、4番の先制本塁打とエースの完封で、2年連続で初戦を突破した。試合後の抽選で、2回戦は15日の第3試合に決まった。

茨城代表のページはこちら

■主戦・飯田は無四球・打者28人

 エース飯田が多彩な変化球で、強打が売りの北照打線を完封した。無四球で、打者28人に抑えた。打撃陣も中盤に連続して得点を挙げ、投打で北照を圧倒した。

 常総学院は序盤、北照の左腕エース大串の低めへの変化球に苦戦した。4回、四球と敵失で無死一、三塁にすると、内田が真ん中高めの直球を振り抜いて、中越えに先制3点本塁打を放った。

 5回は、二塁打で出塁した高島を吉成がバントで送り、捕逸で加点。6回は、1死二塁から池沢の右越え三塁打と、続く飯田のスクイズで2点を追加し、試合を決定づけた。

 飯田は制球がさえ、テンポよく打者を打ち取った。三塁への進塁を許さなかった。走者を出しても、牽制(けんせい)で3度もアウトをとり、北照の機動力を封じた。3季連続の甲子園マウンドで落ち着いていた。

■エース、浜風に満を持し復活 飯田晴海投手

 【照屋健】最後の打者をスライダーで空振り三振に仕留めると、常総学院のエース飯田晴海(3年)は控えめにガッツポーズをした。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧