朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月10日0時46分
このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜・渡辺監督「堅守で失点減」 丸亀との初戦前に対談

写真:横浜の渡辺元智監督(左)と丸亀の山本雄一郎監督=阪神甲子園球場拡大横浜の渡辺元智監督(左)と丸亀の山本雄一郎監督=阪神甲子園球場

 第95回全国高校野球選手権記念大会に出場の横浜は、第6日(13日予定)に初戦の2回戦を迎える。渡辺元智監督(68)と、対戦する丸亀(香川)の山本雄一郎監督(35)に、お互いの印象や思いを聞いた。

神奈川代表のページはこちら

――相手校の印象は。

 渡辺 データをみると、投手を中心に守り切る堅実な野球をやっている。

 山本 激戦の神奈川を制した攻撃力のあるチーム。私自身、幼い頃から甲子園でみてきた学校。非常に緻密(ちみつ)な野球をされます。

――警戒する選手は。

 渡辺 やっぱり投手の宮崎君じゃないか。打者は(ともに香川大会の打率5割超の)門田君や次田君を中心に、つなぎの野球をしてくるのでは。しかし甲子園というのは、マークされる選手とは別に、必ず伏兵が現れるもの。脇役の選手も十分に注意したい。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧