朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月23日0時47分
このエントリーをはてなブックマークに追加

延岡学園、完全燃焼の夏 9回サヨナラ機逸す 宮崎

写真:4回裏、薄田は三塁適時内野安打を放つ=白井伸洋撮影拡大4回裏、薄田は三塁適時内野安打を放つ=白井伸洋撮影

写真:9回表、継投した延岡学園の奈須=内田光撮影拡大9回表、継投した延岡学園の奈須=内田光撮影

写真:力投する延岡学園先発の横瀬=林敏行撮影拡大力投する延岡学園先発の横瀬=林敏行撮影

 互いに悲願の初優勝をかけた決勝戦で、延岡学園は前橋育英(群馬)に3―4で敗れた。あと一歩及ばなかったものの、県勢初の準優勝。打線は粘り、継投した3投手の力投、好守備で追加点を阻んだ。最後まで全力プレーで日本一に挑み続けた延岡学園の選手に観客から大きな拍手が送られた。

宮崎代表のページはこちら

     ◇

 歴史をつくる快進撃を続けた延岡学園は、9回最後の一球まで食らいついたがあと一歩及ばなかった。

 準決勝から2日連続で先発のマウンドを踏んだ横瀬は、安打を許しても要所を締める粘りの投球で、前橋育英を4回まで無失点に抑えた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧