朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月22日0時34分
このエントリーをはてなブックマークに追加

「サッカーに続け」宮崎・延岡に歓声 300人見守る

写真:決勝進出が決まり、立ち上がって喜ぶ市民ら=延岡市役所拡大決勝進出が決まり、立ち上がって喜ぶ市民ら=延岡市役所

 【大畠正吾】「延学は歴史をつくった」。県勢初の決勝進出が決まると、延岡市役所の講堂に市民約300人の大歓声が響いた。「サッカーの鵬翔に続き、野球も日本一だ」。会場の興奮はおさまらなかった。

宮崎代表のページはこちら

 市などが実施したパブリックビューイング会場。延岡学園は2、3、5回と得点圏に走者を進めるがあと1本が出ず、会場にため息がもれる。岡富中野球部2年で投手の矢野凜兵(りんぺい)君(13)は「横瀬貴広投手がいい流れをつくっているので、きっと勝てます」。

 6回、待望の先制点が入ると、2010年の甲子園メンバー、原田貴之さん(21)は「4番のときに盗塁させる重本浩司監督の積極策が実りましたね。いけます」。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧