朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月20日0時37分
このエントリーをはてなブックマークに追加

サヨナラ勝ちにどよめき 宮崎・延岡学園のアルプス席

写真:サヨナラ勝ちに喜ぶ延岡学園側アルプス席の保護者ら=阪神甲子園球場拡大サヨナラ勝ちに喜ぶ延岡学園側アルプス席の保護者ら=阪神甲子園球場

 【平塚学】「おめでとう!」。延岡学園の三塁側アルプス席ではサヨナラ勝ちを決めた瞬間、地鳴りのようなどよめきが起こった。

宮崎代表のページはこちら

 アルプス席には生徒や保護者、OB、関西在住の県人会らが駆けつけた。中央付近には、1994年に夏の甲子園に出場した同校野球部のOB4人の姿も。その一人、奥川剛史さん(36)は前日の聖愛戦に続いて訪れた。アウトの度に「よーし」と声をかけて声援を送った。

 試合は一進一退のシーソーゲーム。延長戦に入る頃にはスタンドは総立ちに。チャンスの時にはNHKドラマ「あまちゃん」のテーマが演奏され、観客が一体となって体を揺らした。

 奥川さんは「準々決勝で校歌が歌えるなんて……。うれしい。僕らが甲子園に出た頃に生まれた子たちが、延学の歴史を塗り替えてくれた」と喜んだ。

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧