朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月15日0時42分
このエントリーをはてなブックマークに追加

全力の佐賀・有田工、見せた V候補の一角と対等に

写真:常葉菊川―有田工 2回表常葉菊川1死満塁、右中間に2点適時二塁打を放った前川は一気に三塁を狙ったが、二、三塁間で挟殺される。遊撃手桑原(5)=遠藤真梨撮影拡大常葉菊川―有田工 2回表常葉菊川1死満塁、右中間に2点適時二塁打を放った前川は一気に三塁を狙ったが、二、三塁間で挟殺される。遊撃手桑原(5)=遠藤真梨撮影

写真:常葉菊川―有田工 1回表常葉菊川2死一塁、打者松木のとき、走者遠藤の二塁盗塁を阻止する捕手草野=加藤哉撮影拡大常葉菊川―有田工 1回表常葉菊川2死一塁、打者松木のとき、走者遠藤の二塁盗塁を阻止する捕手草野=加藤哉撮影

写真:スタンドを盛り上げる川久保俊希・応援団長(右下)=阪神甲子園球場拡大スタンドを盛り上げる川久保俊希・応援団長(右下)=阪神甲子園球場

 「開幕戦勝利は優勝」という「方程式」は、今回は完成しなかった。県代表の有田工は、14日の2回戦で常葉菊川(静岡)と対戦。エース古川が4回までに5失点しながらも、打線が奮起して3点をかえし、得意の終盤勝負に持ち込んだが、自慢の終盤の集中打が出なかった。だが、突然の体調不良で入院を余儀なくされた藤川のベンチ入りがかない、有田工らしい「全員野球」で、「5強」の一角を最後まで苦しめた。

佐賀代表のページはこちら

     ◇

 有田工の快進撃を支えてきたエース古川が、序盤に常葉菊川打線につかまり、奪われた主導権を最後まで取り返せなかった。

 初回こそ3人で切り抜けたが、2回は1死から、5番大西からの3連打で先制を許すと、さらに死球で満塁とした後、9番前川に右中間越えの2点適時二塁打を浴びた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧