朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月15日0時43分
このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本工・林監督「先行逃げ切りを」 15日に作新学院戦

写真:熊本工の林幸義監督=兵庫県尼崎市熊本工の林幸義監督=兵庫県尼崎市

写真:作新学院の小針崇宏監督=大阪市淀川区作新学院の小針崇宏監督=大阪市淀川区

 【聞き手・籏智広太、友田雄大】熊本工は15日、第2試合で作新学院(栃木)と対戦する。相手は栃木大会で計22盗塁、甲子園の初戦でも7盗塁と機動力が持ち味のチーム。打線も15安打17得点と勢いづいている。熊本工の林幸義監督は「力のあるチーム。接戦に持ち込みたい」と警戒する。林監督と作新学院の小針崇宏監督に意気込みなどを聞いた。

熊本代表のページはこちら

     ◇

 ――相手の印象は

 林 うちにはない足のあるチームという印象。特に中軸は打力があるようなので、走者をためさせないようにしたい。

 小針 投手を中心として攻撃につなげていくチームだという印象。エースの山下は好投手。直球、変化球ともに制球力は十分。

 ――相手の注目選手は

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧