朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月13日0時47分
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡・自由ケ丘、打ち勝てず 5安打散発、逆転許す

写真:延岡学園―自由ケ丘 2回表延岡学園1死、渡会(手前)の打球を三塁手中山がグラブにあててはじくが、その後一塁へ送球しアウトにする=加藤諒撮影拡大延岡学園―自由ケ丘 2回表延岡学園1死、渡会(手前)の打球を三塁手中山がグラブにあててはじくが、その後一塁へ送球しアウトにする=加藤諒撮影

写真:打席に立つ自由ケ丘の野田=加藤哉撮影拡大打席に立つ自由ケ丘の野田=加藤哉撮影

写真:笑顔で声援を送る自由ケ丘のチアリーディング部の生徒たち=阪神甲子園球場拡大笑顔で声援を送る自由ケ丘のチアリーディング部の生徒たち=阪神甲子園球場

 自由ケ丘の夏が終わった。大会5日目の12日、第3試合で延岡学園(宮崎)と対戦し、2―4で惜しくも敗れた。打線は先制点を奪ったが、中盤以降、持ち味であるつなぐ攻撃を相手投手陣に封じられ、夏の甲子園初出場での1勝はならなかった。

福岡代表のページはこちら

     ◇

 自由ケ丘が中盤以降の好機を生かせず、延岡学園に逆転負けした。

 3回、敵失に犠打などをからめ1死二、三塁とすると、尾崎の中前適時打で1点を先制。同点に追いつかれた4回には、1死一、三塁から、相手投手が一塁に牽制(けんせい)を投げる間に、三塁走者渡辺が本塁を陥れ、再びリードを奪った。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧