朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月13日0時50分
このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎・延岡学園、投打がっちり 3年ぶり県勢初戦突破

写真:延岡学園―自由ケ丘 5回表延岡学園1死二塁、走者梶原は坂元の左前適時打で、捕手石田のタッチをかわして生還=加藤諒撮影拡大延岡学園―自由ケ丘 5回表延岡学園1死二塁、走者梶原は坂元の左前適時打で、捕手石田のタッチをかわして生還=加藤諒撮影

写真:延岡学園―自由ケ丘 5回表延岡学園2死三塁、浜田は左越えに勝ち越しの適時二塁打を放つ。捕手石田=内田光撮影拡大延岡学園―自由ケ丘 5回表延岡学園2死三塁、浜田は左越えに勝ち越しの適時二塁打を放つ。捕手石田=内田光撮影

写真:ピンクのメガホンを持って声を張り上げる延岡学園の野球部員たち=阪神甲子園球場拡大ピンクのメガホンを持って声を張り上げる延岡学園の野球部員たち=阪神甲子園球場

 【中村光】3年ぶりの初戦突破――。宮崎代表の延岡学園は12日、第3試合で自由ケ丘(福岡)との九州対決を4―2で制し、3回戦進出を決めた。県勢の初戦突破は、3年前に延岡学園が2回戦に進んで以来。次戦の日程は、試合後の抽選の結果、18日の第2試合(午前10時半開始予定)に決まった。対戦相手は13、14日の結果で決まる。

宮崎代表のページはこちら

     ◇

 延岡学園の投打ががっちりかみ合い、自由ケ丘に競り勝った。

 1点を追う5回、先頭打者の梶原が左越え二塁打を放つと、主将の坂元が左前にはじき返し同点とした。なおも2死三塁とし、浜田が左翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち勝ち越し。左翼方向に吹く浜風を味方につけた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧