朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月13日0時48分
このエントリーをはてなブックマークに追加

佐賀・有田工の選手ケア「状態良好」 伊万里の中野さん

写真:エース古川侑利の右腕をマッサージする中野敏裕さん=大阪市拡大エース古川侑利の右腕をマッサージする中野敏裕さん=大阪市

 【上山崎雅泰】伊万里市で整骨院を営む中野敏裕さん(48)がトレーナーとして有田工に帯同している。4年前に初出場し、初戦で敗れた伊万里農林での経験を踏まえ、アドバイスしている。チームの状態は良好という。

佐賀代表のページはこちら

 連日続く練習のあと、選手は宿舎の一室に設けられたトレーナー室に1人ずつ訪れ、中野さんに体の症状を説明する。特にケアが必要なのは、ひじや肩を酷使する投手だ。練習直後にアイシングをさせ、宿舎でのケアは腕や下半身を中心に最低30分はかける。エース古川侑利の状態について中野さんは、「初戦の後も思ったより肩の張りはなかった。体の状態を自分で把握できており、次も心配していない」と話す。

 中野さんには4年前に初出場した伊万里農林に帯同した際の苦い経験がある。

 食事管理がうまくいかず、佐賀大会後に8キロ太った選手がおり、甲子園で活躍できなかった。今回は食事面も厳しく指導している。「私の技術や経験が少しでもお役に立てば」

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧