朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月13日0時49分
このエントリーをはてなブックマークに追加

堅い守り、山口・岩国商懸命 エース好投するも惜敗

写真:岩国商―前橋育英 7回表岩国商1死一、二塁、栗栖の二ゴロで送球がそれる間に二塁走者の高橋由が本塁を狙うがタッチアウト。捕手小川=白井伸洋撮影拡大岩国商―前橋育英 7回表岩国商1死一、二塁、栗栖の二ゴロで送球がそれる間に二塁走者の高橋由が本塁を狙うがタッチアウト。捕手小川=白井伸洋撮影

写真:岩国商―前橋育英 5回裏前橋育英1死三塁、高橋知はスクイズを試みるが空振り三振、三塁走者も挟殺されて併殺となる。投手高橋、捕手栗栖=白井伸洋撮影拡大岩国商―前橋育英 5回裏前橋育英1死三塁、高橋知はスクイズを試みるが空振り三振、三塁走者も挟殺されて併殺となる。投手高橋、捕手栗栖=白井伸洋撮影

写真:スタンドから選手に声援を送る川嵜勝美さん(右)と堀内基宏さん=阪神甲子園球場拡大スタンドから選手に声援を送る川嵜勝美さん(右)と堀内基宏さん=阪神甲子園球場

 あと一歩及ばず――。岩国商は12日、前橋育英(群馬)と対戦し、0―1で惜しくも競り負けた。ピンチを幾度もしのぎ、エース高橋も好投したが、好機で打線にあと1本が出なかった。だが、試合は引き締まった好ゲーム。懸命のプレーを繰り広げた岩国商の選手たちに、大きな拍手が送られた。

山口代表のページはこちら

     ◇

 「ロースコアの展開になる」。中内監督が予想した通り、試合は1点を争う緊迫した展開となった。

 唯一の得点は4回裏、前橋育英2死二塁の場面。エース高橋が「打ち取ったと思ったが、思ったより伸びていった」と振り返った打球は右中間を破る三塁打。これが決勝点となった。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧