朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月10日0時48分
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡・自由ケ丘監督「守備を固めて接戦に」 12日初戦

写真:初戦に向けて握手を交わす自由ケ丘の赤嶺琢監督(右)と延岡学園の重本浩司監督=阪神甲子園球場拡大初戦に向けて握手を交わす自由ケ丘の赤嶺琢監督(右)と延岡学園の重本浩司監督=阪神甲子園球場

 【平塚学】自由ケ丘は夏の選手権大会5日目の12日、第3試合で延岡学園(宮崎)との初戦に臨む。選手の状態や初戦への意気込みなどについて、自由ケ丘の赤嶺琢監督(48)と、延岡学園の重本浩司監督(31)に聞いた。

福岡代表のページはこちら

 ――相手校の印象は

 赤嶺 延岡学園は、甲子園の常連でもある強豪。宮崎大会も大差で勝ってきている。打力があるチームだ。

 重本 自由ケ丘は、激戦の福岡大会を勝ち抜いた。左右の投手力、粘り強い打線、犠打をきっちりと決めてくる、といった印象がある。

 ――自校の特徴と理想の戦い方は

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧