朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月10日0時46分
このエントリーをはてなブックマークに追加

「出来ることやりきる」 宮崎・延岡学園監督、対談

写真:握手する自由ケ丘の赤嶺琢監督(右)と延岡学園の重本浩司監督(左)=阪神甲子園球場拡大握手する自由ケ丘の赤嶺琢監督(右)と延岡学園の重本浩司監督(左)=阪神甲子園球場

 延岡学園は、12日の第3試合(午後2時半開始予定)で自由ケ丘(福岡)と対戦する。延岡学園の重本浩司監督と自由ケ丘の赤嶺琢監督に、互いの印象や意気込みを語ってもらった。

宮崎代表のページはこちら

     ◇

 ――相手校の印象は。

 重本 激戦の福岡大会で優勝候補を倒して勝ち抜いている。力のあるチームだと思う。

 赤嶺 宮崎、九州を代表する強豪校だと思う。甲子園の常連校でもあるので、胸を借りるつもりで精いっぱい頑張りたい。

 ――自チームの特徴は。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧