朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

2013年8月22日14時30分
このエントリーをはてなブックマークに追加

前橋育英・高橋光が堂々の完投勝利 高校野球決勝

写真:力投する前橋育英先発の高橋光成投手=22日、阪神甲子園球場、白井伸洋撮影拡大力投する前橋育英先発の高橋光成投手=22日、阪神甲子園球場、白井伸洋撮影

(22日、前橋育英4―3延岡学園)

高校野球特集ページはこちらダイジェスト動画

 前橋育英の右腕・高橋光の安定した投球が光った。4回こそ4安打などで3点を失ったが、それ以外は散発2安打だけ。長身から繰り出す直球、スライダー、フォークが低めに集まり、危なげがなかった。

 打線は5回、田村の一発とスクイズ、小川の適時打で追いつき、7回に土谷、荒井の連続長短打で勝ち越した。長打あり、小技ありの鮮やかな攻撃だった。

 延岡学園は先発の横瀬がピンチをしのぎ、4回に薄田、横瀬の適時打などで3点を先行した。後半は奈須が粘投して接戦に持ち込んだ。(安藤嘉浩)

     ◇

 ▼2年ぶりに雨天順延なし 第93回大会(2011年)以来雨天順延がなく、予定の14日間(休養日除く)で全日程を終了した。

 ▼群馬勢は決勝で2戦2勝 群馬勢は第81回大会(1999年)で優勝した桐生第一以来、2度目の決勝進出。決勝の通算成績は2戦2勝となった。

 ▼群馬勢は宮崎勢に3戦3勝 群馬勢と宮崎勢の対戦は、第76回大会(1994年)1回戦で東農大二が延岡学園に12―4で勝利して以来3度目。すべて群馬勢が勝利。

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧